無垢テーブルの良さとは

無垢材は、吸湿発散性に優れていて、 夏場など湿度の高い時には湿気を吸い、冬場など乾燥しているときには湿気を放出してくれるという特徴があります。
願わくば無垢材に囲まれた家に住みたいものですが、なかなか難しいのでせめてテーブルだけでも、無垢材のテーブルがあれば、そこは癒しの場所になりそうです。


化学物質を含まない自然のテーブルは見た目も質感もとても魅力的なものになるでしょう。

そして木材自身が呼吸しているので、森林浴効果も生まれます。

フィトンチットの効果で健康的にも身も心もヨタカにしてくれそうです。

不思議な力でリフレッシュできそうです。

無垢のダイニングテーブルに関する情報満載です。

ただ、無垢材を使ったテーブルの仕上げは、大きく分けて、表面に塗膜が「できないもの」と「できるもの」に分けられるそうで、、塗膜が「できないもの」には、主としてオイル仕上げ、ワックス、ソープ仕上げなどがあり、 オイル仕上げは、植物などからとれる油を原料としオイルをキレイに整えられた無垢板にしみ込ませたりしてもお手入れが必要になります。



塗膜を作らないため、木の表面を直接触れることができ、自然な質感を楽しめます。

1年に1〜2回を目処に、オイルを塗り直すと、時間とともに味わいが増してくるそうです。

やはり自然のものなのでちゃんとした手入れをしないと割れなどの原因にもなるし、長く使うためにはシッカリお手入れを欠かさずにいれば、一生使えるとても愛着のあるテーブルになることでしょう。